FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発と日本の産業

今日は嗜好を変えて、オヤジの小言でも。


“原子力発電所のゼロ政策”


東日本大震災以来、そう叫ばれて久しいし、
皆さんそれぞれ色んな意見があるだろうが、

ワタクシ個人の意見は、


そんなもの、“全くもって反対”である。


ここは誤解を恐れずに言うことにする。


電着料金の値上げとか、目先の話もある。

しかし原発が廃止となれば、現状は火力発電などの
化石燃料に頼った発電に頼らねばならなくなる。

無論、既に叫ばれているように、化石燃料以外の
代替エネルギー開発を進めて、それを補う必要はある。


しかしながら、原発ゼロの政策が、現在の最善策とは
どうしても思えないのである。

私自身が火力発電所の設計に携わる身でありながら、
正直なところ、そう思うのである。


実際、稼働している火力発電所を目の前にすると、
原発反対の人達も意見を変えるだろう。


発電方式にもよるが、それが内燃機関である以上、
大気をもうもうと揺らすほどの排気が伴う。

CO2排出量にしてみれば、それは原子力発電のはるか
数十倍にも及び、環境的にも楽観視はできない。



それでも現状は、それが安全・安定な方式であるが故に、
第一線で活躍しているのも事実。

しかし一方で、発電方式としてその一端を担うのが、
やはり紛れもなく原子力発電であると思う。


今は原発に反対している人も、少し前までは
電気エネルギーのシフトは良い事と思っていたはず。

それは、原発の技術があったからこそ言えるのである。


それを、そう簡単に“廃止”と言えるだろうか?


もちろん、厳重なリスク管理は必要である。

大震災以降、関係者ならば血の滲むような努力で、
安全対策を再構築してきたはずである。

そして、原発反対を叫んでいる人ですら、
既にその恩恵は大いに受けてきたのであろう。



それ以外にも理由はある。


日本の原子力産業の減退である。


原子力発電プラントもまた、複合技術の賜物であり、
それに関わる産業の裾野は広い。

機械、電気、化学、土木、建築、通信・・・・等々



少し話は違うが、過去の事例もある。

第二次世界大戦の頃、日本には零式戦闘機を始めとした
世界有数の航空機技術があったにも関わらず、

GHQの政策とは言え、その開発が途絶えてしまった。


結果、日本の航空機技術は世界から置いていかれ、
ようやく最近になってジェット機を開発するものの、

その現状を見ると、まだ未来は決して明るくはない。


もし継続して開発や製造ができていれば、
日本は世界トップクラスの航空機が作れたと思う。


原発の技術もまた然り。


今ここで原発の廃止を進めてしまうと開発は滞り、
それこそ日本の産業には大打撃であることは明白。


そんなことがあってはならない。

このままでは、日本の産業が危ういのである。


近隣諸国に追い抜かれるのも、
そう遠くない話であると危機を持たねばならない。


それは、我々の生活基盤にも直結することである。


本当に大事なことは、失敗を分析し、解決策を模索し、
次の成功とステップへと導くこと。


挑戦をやめるのは、最終手段でいい。


現時点で、あまりに早急な結論を出そうとしている
今の政治が、政治家達が気に食わないだけである。


少し言いすぎただろうか?


度が過ぎたかもしれないので、
今回の小言は、この辺にしておこうと思う。

勝手なことばかり連ねてしまったけど、
少し、言いたいことが言えたような気がする。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kony13.blog85.fc2.com/tb.php/363-2a4c6f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。