FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国の暴動について言うと

先日から中国では派手にデモが行われていますね。

今日、仕事の関係で中国人のバイヤーと電話をしてて、
あちらの状況を伺ってたんですけどね。


事件の話はあちこちから聞いたり、写メで映像は見たけど、
報道は冷静で、自分ではまだ暴力的なものは見てないと。


ただね・・・

中国人である本人も、かなり警戒はしてるとか。

今日なんかは特に、あれほど走っている日本車もかなり少なく、
道路がガランとしてるぐらいで。

日本車に乗ったタクシーも、恐くて営業できないとか。



つまりね、

中国の人も、自国の暴力的な人達に怯えてるんですよ。

なんだかオカシな状況です。



まぁメディアに関して言うとね、

日本も中国も、自国寄りの報道になってるのは明らかなので、
双方に偏見が入ってしまってるんでしょう。

それに報道と言っても、

それ自体にプロパガンダ的な狙いを含むこともあるわけだし。



ただ個人的にはね、
そう、例えば話題の満州事変とか。


何を今さら? って部分もあるんですよ。


史実はどれほど正確かは分かりませんが、
日本人が中国を侵略した歴史があるのは明らか。

大虐殺もあったのかもしれません。


だからと言ってね、


その歴史を今ぶり返してどうこう言うのは違うだろうと。


誤解を恐れずに言うとね、


それが“戦争”ってもんなんですよ。


ちょっと横着な言い方ですが。

日本だって、他国に食うか食われるかの中で繰り返してきた
愚かで貪欲な世界なんですよ。

その時、日本も中国もそういう時代だったんですよ。



だから、その時代背景までも引きずって、
現代の日本や、日本人に当てはめるのは極めてナンセンス。

愛国無罪なんて大声で言える?

それが許されるなら、イコール無法国家を露呈するようなもの。


かつては日本も、“鬼畜米英”なんて言ってた時もありますが、
それは戦時中の話で、今は違いますよね。

アメリカやイギリスが嫌いという人は、ほとんど居ないはず。


だから日本も中国も、それぞれ忌み嫌ってないで、
やっぱり平和的に解決する道を見つけるべきなんですよね。



非力なことにワタクシはこんな所で評論することしかできないけど、

一刻も早く、この問題が解決することを祈ります。


いや、マジでね。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kony13.blog85.fc2.com/tb.php/347-3cb5c2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。