FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


THE PLANET OF THE APES

『猿の惑星』

言わずと知れた、
SFXの金字塔とも言われる傑作映画。

オイラの最も好きなSFX映画の一つです。

衝撃のラストシーンはあまりに有名ですね。


ちょっと前の話になりますが、

その映画が、『創世記(GENESIS)』と銘打って、
新作映画として封切られました。

当然ながら、ウキウキで見に行ってきましたよ。

s猿の惑星

そりゃもう、このタイトルを使うからには、
よほどの自信がないとリリースできないだろって。

で、その総評。

SFX映画としては上出来じゃないかなと。

が、しかし、やはりオリジナルのような壮大な
世界観ってのは無かったです。

まぁこれは予想してましたけどね。


ストーリー展開も、なんとなく先が読めてしまう展開。

それはそれで、オリジナルを意識した作りになってて、
ある意味、ファンの期待は裏切らないのかなと。

最後の人間との局地戦を迎えるまでの展開は、

『これぞ猿の惑星だぜ!』

って感じがしてよろしいです(w

酷評する人は酷評するでしょうけどね。


でも、さすがは現代のSFX技術。

流行りのモーションキャプチャーを駆使した映像は、
SFXならではの迫力がありました。

この辺は、さすがハリウッドです。


ちなみに、邦題では『猿の惑星』となってますが、
原題を忠実に訳すとしたら、

『類人猿の惑星』ってなります。

“MONKEYS”ではなく、あくまで“APES”なんですよ。

そのニュアンスの違いはオリジナルを見てください。


今回の『創世記』版

なんとなく、このエンディングの感じからして、
続編も出そうな雰囲気もあるのかな?

それはそれで、どう展開するのか楽しみなんで、
第二章が作られるのを楽しみにしときましょう。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://kony13.blog85.fc2.com/tb.php/296-34d85b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。