FC2ブログ

2012年を振り返って

毎年ながら、今年もあっという間に終わりです。

一年が加速しているのは紛れもなく歳のせい(w


というワケで、毎年恒例の年末振り返りです。

今年の気持ちの整理をして来年につなげるってことで。


////////////////////////

【仕事】

まずは仕事から。

いっときの震災対応のバタバタからは抜け出したけど、
なんだかんだで終始バタバタでした。

このご時世なので、海外製作を推進・実行したのですが、
形として成果を出せたのは良かった。

本当は、日本でモノ作りをしたいんですけどね。


会社の動静で言えば、某大手メーカとの合併話もあったり。

今後はどうなるんかなぁ?と思いつつも、
個人的なレベルでは、やれることを精一杯やるだけです。

で、さらには、

2013年早々に関連会社に出向を命じられました。

と言っても、すごーく近所の会社。

運動不足になりそうなぐらい通勤が近くなりました(w


新しいことに取り組むべく出向となったので、
緊張とプレッシャーと感じつつも、楽しみなのです♪



【釣り】

バス釣りですが、夏ぐらいまでは琵琶湖だったり
比較的に順調に行けたものの、後半はサッパリ。。。

釣りに行くことすらできてません。

釣行記を振り返ると、9月が最後になっているので。
不本意ながら、足が遠のいてしまってました。

自分のボートを出したのもたったの3回。


タナベ師匠と予定していた琵琶湖トリップも
残念ながら企画倒れに終わってしまったし。

まぁそれも色々と諸用が重なったので仕方がない。


それでも50UPは何本か捕獲したので手柄かな?

そばにあるタックルを見ると埃かぶってるんで、
この冬の間にメンテナンスだけはしておこうかなと。


でも、冬は冬で、メバリングは再開する予定。

タックルも新調したことだしね♪

今年の冬は特に寒いので、ヘタれないように頑張ろう(w



【私生活】

大きな変化のある一年でした。

と言っても、目に見える変化ではないのですが、
気持ち的には大きく変わったかなと。

来年にかけて生活レベルでガラリと変わりそうです。


周りの人たちとの結び付きも深くなったかなぁと、
そう実感できることの多い年でした。

やっぱり周りの人があっての自分なのです。


あんまり遊びには行けてないのが残念だけど、
それでも用事絡みでは色んなとこに行けたかな。

来年はもっと純粋に旅行とかで遠出したいなと。
(あ、釣りも含めてねw)


そんな中でも、静岡時代のメンバーと企画して
沖縄旅行に行けたのは良かった♪

トライアル的に現地集合でやってみましたが、
うまくいったと思うので、また来年も実行したい。



【勉強】

余談ですが、英語の勉強をしたい・・・と思いつつ、
結局はさっぱり手付かずでした。。。

英語の必要性はいつも感じてるんですけどねぇ。

////////////////////////


ってな感じに、ザックリと2012年を振り返りましたが、
総括すると充実した一年だったなと思います。

周りの人に支えられていることに改めて感謝しつつ、
また来年に向けて頑張ろうと思ったのでした。


ブログともども、今年も一年お世話になりました。

また気が向いたら見にきてやってください。


ではでは、みなさん良いお年を!



スポンサーサイト



原発と日本の産業

今日は嗜好を変えて、オヤジの小言でも。


“原子力発電所のゼロ政策”


東日本大震災以来、そう叫ばれて久しいし、
皆さんそれぞれ色んな意見があるだろうが、

ワタクシ個人の意見は、


そんなもの、“全くもって反対”である。


ここは誤解を恐れずに言うことにする。


電着料金の値上げとか、目先の話もある。

しかし原発が廃止となれば、現状は火力発電などの
化石燃料に頼った発電に頼らねばならなくなる。

無論、既に叫ばれているように、化石燃料以外の
代替エネルギー開発を進めて、それを補う必要はある。


しかしながら、原発ゼロの政策が、現在の最善策とは
どうしても思えないのである。

私自身が火力発電所の設計に携わる身でありながら、
正直なところ、そう思うのである。


実際、稼働している火力発電所を目の前にすると、
原発反対の人達も意見を変えるだろう。


発電方式にもよるが、それが内燃機関である以上、
大気をもうもうと揺らすほどの排気が伴う。

CO2排出量にしてみれば、それは原子力発電のはるか
数十倍にも及び、環境的にも楽観視はできない。



それでも現状は、それが安全・安定な方式であるが故に、
第一線で活躍しているのも事実。

しかし一方で、発電方式としてその一端を担うのが、
やはり紛れもなく原子力発電であると思う。


今は原発に反対している人も、少し前までは
電気エネルギーのシフトは良い事と思っていたはず。

それは、原発の技術があったからこそ言えるのである。


それを、そう簡単に“廃止”と言えるだろうか?


もちろん、厳重なリスク管理は必要である。

大震災以降、関係者ならば血の滲むような努力で、
安全対策を再構築してきたはずである。

そして、原発反対を叫んでいる人ですら、
既にその恩恵は大いに受けてきたのであろう。



それ以外にも理由はある。


日本の原子力産業の減退である。


原子力発電プラントもまた、複合技術の賜物であり、
それに関わる産業の裾野は広い。

機械、電気、化学、土木、建築、通信・・・・等々



少し話は違うが、過去の事例もある。

第二次世界大戦の頃、日本には零式戦闘機を始めとした
世界有数の航空機技術があったにも関わらず、

GHQの政策とは言え、その開発が途絶えてしまった。


結果、日本の航空機技術は世界から置いていかれ、
ようやく最近になってジェット機を開発するものの、

その現状を見ると、まだ未来は決して明るくはない。


もし継続して開発や製造ができていれば、
日本は世界トップクラスの航空機が作れたと思う。


原発の技術もまた然り。


今ここで原発の廃止を進めてしまうと開発は滞り、
それこそ日本の産業には大打撃であることは明白。


そんなことがあってはならない。

このままでは、日本の産業が危ういのである。


近隣諸国に追い抜かれるのも、
そう遠くない話であると危機を持たねばならない。


それは、我々の生活基盤にも直結することである。


本当に大事なことは、失敗を分析し、解決策を模索し、
次の成功とステップへと導くこと。


挑戦をやめるのは、最終手段でいい。


現時点で、あまりに早急な結論を出そうとしている
今の政治が、政治家達が気に食わないだけである。


少し言いすぎただろうか?


度が過ぎたかもしれないので、
今回の小言は、この辺にしておこうと思う。

勝手なことばかり連ねてしまったけど、
少し、言いたいことが言えたような気がする。


手が届かない

昨日は終日、神戸でした。

このところの寒さで、珍しく雪も舞う景色で。


そして、とある事情があって、
珍しくハイブランドなお店にも行ってみたり。


s-DSC_0085.jpg

この手のブランド、


個人的には全くと言っていいほど興味がない。


まぁ無駄に高いと思いつつも、
基本的に素材は良いので、物は悪くないけどね。


ただ基本的に、服なら服、鞄なら鞄と、
専門に特化したブランドは一貫性があって良いけど、

デザイン的なものも含めて、どうも好きになれない。


結局この日は、

何も買わずにカタログをもらっただけ。


だから、この中身は紙しか入ってません(w


そう言えば、ちょうど一年前に同じデパートで

かの、イ○カツ大先生が、気品のある方と共に
買い物しているのを見かけたな。


あの時はテンションが上がって、
釣り仲間にメールしまくったのを思い出します(w


なんて思うと、一年が経つのは早いもんですね。



今度は名古屋

このところ全く釣りには行けてませんが、

その代わりというか、
けっこう色んなところには出かけてます。


この週末は名古屋。


そして三重の長島温泉にある「なばなの里」


名古屋は食いだおれで、味噌煮込みやら手羽先やら。

ワタクシ、けっこう名古屋メシは好きなんですよ♪

s-DSC_0425.jpg

有名な“山本屋”の本店です。

バリかた麺が旨いのだ♪

s-DSC_0426.jpg


そして、なばなの里では、
この時期恒例のウィンターイルミネーション。

s-DSC_0433.jpg

s-DSC_0435.jpg

s-DSC_0441.jpg

今年は紅葉がキレイやね~♪

なんでも10年に一回の見事な色づきって話らしい。

s-DSC_0442.jpg

こんなにロマンチック(?)な感じなのに、

なぜか、

うちのオトンとオカンと一緒だったり(w


まぁ二人が名古屋で働いてるからなんだけど。
(そしてオカンの地元でもある)


って、なんかよう分からん感じですけど、
最近はもっぱら、国内の旅を楽しんでる感じです。


でも本当は寒いところは年々苦手になってるので、
あったかい南の国にでも逃亡したいとことですけどね。