FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


欲求不満かね?

釣りに行けない=釣れないとルアーが増える

ってチョット前に書いた気もするんだけど。

また繰り返してしまうこの性癖、
じゃなかった・・・この性分。

どうなんでしょ?


でも、釣りに行くのも、ルアーを買うのも、
どっちも我慢するのは、良くないよね?


ね!?


って自分を納得させて・・・

また新たにルアーを補充しました。


まぁワームやらラインやらってのは、
本当に減った分を補充って意味合いもありますが。


とりあえずワーム系はこの辺り。

s-P9201250.jpg

ULTRAVIBEなスピードクローは、オレ的新色。

ブルーの爪がカッコよくて釣れそう。


んで、その後ろにひっそり隠れてるのが、
釣れ釣れワームな“スーパーホッグ”

500円の特化にヤラれて、3パケを補充。

カバーすり抜け性、針もち、釣果と3拍子揃ってます。
(カバーが薄いとパワーホッグ4”に軍配が上がるけどね)


そしてハードベイトはこの辺り。

つっても、一つはハードでなくて柔らかいフロッグ。

s-P9201255.jpg

今更この時期にフロッグかい!

ってツッコミは無しね。

だって、このノリーズのフロッグで60mmのやつ、
コレが欲しくても売ってなかったんだもの。

でも、だからって“NF60”ってネーミングは微妙(w


もう一つは、ステルスシリーズの新しいやつ、90S。
3フックな90mmバージョンですね。

ホントはもっと派手なのが欲しかったけど、
選ぶ余地もなく無難なアユカラー。


この前EG社のプロップベイト買ったばかりだけどね・・・


そしてオマケに、ライン。

s-P9201257.jpg

初めて買った、“4.5Lb”ってやつ。

普段は4Lbなんだけど、琵琶湖に行くって前提になると、
やっぱり5Lbクラスが欲しくなる。

でも、「この前新しく4Lb巻いたばっかだしな~」なんてことが
よくあるので、もうチョット足す感じの4.5Lb。


でも・・・これはチョット失敗かな?
素直に5Lbを買っておけば良かったかも。

スプールで交換するってのが一番の理想かもね。


って、こんな小遣いを散財してていいんでしょうか?


やっぱり買うだけじゃなくて、釣りにいかないとね。



スポンサーサイト

反比例ですね

「釣れないとルアーが増える」

ってのは定説なんですけど、

釣りに行けないと、またルアーって増えるんですね。


このところ所用が重なっててオカッパリも行けなくて。

その代わりと言ってはなんですが、
釣り具屋さんには行って欲求不満を少しでも満たそうと。

とは言っても、ゆっくり見てるヒマもないんだけど。。。


とりあえず新しいところでは、

ワーム系でこのあたりを買ってみました。

s-P8240494.jpg

ティムコのスライドフォールするってワームと、

バークレイの新HAVOCシリーズ。

USツアープロがデザインしたっていうHAVOCシリーズは
前から気になってたんですよね~。

コスト的にも、1pac=¥440ってのはありがたい!
(ホントはワームなんてこの値段だよな~。。。)


しっかし、この辺のルアー、本来使うのは今時期なんだけど、
使わないうちに夏が終わりそう・・・


んで、ハードベイトはこの辺りをゲット。

s-P8240489.jpg

20%OFFで売られてたんでラッキー♪


ノリーさんとこのレイダウンミノーMID110フローティングね。

良さげだなーと思ってたプロガイドのpecialカラーってやつで、
頭のとこの蛍光カラーが良い感じです。


全く同じ見た目で、ボーン素材のハイフロートModelもあったんですが、
どうもボーン素材のミノーって暴れ過ぎるイメージ。

ウェイクベイトとしてならいいと思うんですけど、
ジャークベイトには向かないかなーってのが個人的な印象です。


で、もう一個は、

ダモンデ~さんプロデュースのプロップマジック75。


噂ではスゲー釣れるらしい! (← 相変わらずこの言葉に弱い)

なんとなくクラウンカラーが欲しくなって買ってみました。

この辺は秋に活躍して欲しいなーってところです。


でもやっぱり・・・

新しいルアー眺めてると釣りに行きたくなりますね!

久々のルアー

久々にMegabassのルアーを買ってみました。

今さらって感もありますが、

言わずと知れた超有名ルアーのこの人。

s-P1010129.jpg

MegabassなのにHeddonみたいなカラーリング。

え、なんでこのカラーなん?とか言う??

まぁ確かにね、

昔、某師匠には、「Konyのカラーセレクトはセンス悪い」
とかボロクソ言われたことありますけど(w


トップだし、背中が黄色いほうが見やすいじゃないですか!
(ピンクでも良かったけど無かった)

写真には写ってないけど、ベリーがオレンジってのが
いかにも釣れそーでステキじゃないですか!

ってか、単純にチャート系が好きなんですよ!


ま、そんな理由ですけど何か?(w


まだ投入の時期は少し先だと思いますが、
そろそろバスもシーズンインの準備をする季節ですね。



昨年のルアー オブ ザ イヤー

ちょっと遅い振り返りってことで、

“昨年のルアー オブ ザ イヤー”

野池釣行が主となった昨シーズンでしたが、
アフタースポーンからアーリーサマーにおいて
抜群の威力を発揮してもらいました。

“ワンナップシャッド・4インチ”

s-P1090010.jpg

昨シーズン捕獲した50UPの3本は全てコレ。
(カラーは上のオチアユとチャートシャッド)

1/32ozのネイルシンカーを腹の部分に打って、
トップ~サブサーフェイスを泳がせてくると、

モワン!ともんどり打ってバスが出てくるという。

見ていてもエキサイティングな釣りを味わえました。


使うシチュエーションは、ヒシモなりウィードなりの
ベジテーションが繁茂しているエリア。

ヒシモが濃い場合、フロッグ的な使い方になります。


今までは、5インチをメインに使ってましたが、
4インチとは動きが明らかに違います。

実は小さいほど、バタバタとテールの動きが大きく、
ウォブリングが大きいんですね。

サイズが上がるにつれて、テールの動きは控えめで
ロール主体の地味な動きになります。


琵琶湖でよく使われるスイミングでは5~6インチの
ロール主体のほうが合ってるんでしょう。

一方で、野池のベジテーションエリアの場合、
ヒシモの上に完全に乗っかってしまったりするので、

その場合は、バタバタと動いてくれる4インチのほうが
圧倒的に反応が良かったですね。


昨年、改めて見直したこのルアー。

今年もぜひモンドリングを味わいたいもんですね。


自分へのプレゼント

メリークリスマス!

みなさんいかがお過ごしでしょか?

おいらは自分へのクリスマスプレゼント?で、
こんなものを手に入れました。

流行りのアレのセット(w

s-PC250319.jpg

いや、ホントに我ながら節操ないというか・・・

でも欲しかったんだもの(w


一番上は、サトシンさんとこの“メリーG”

琵琶湖で爆釣らしい。

この言葉にはすこぶる弱いオイラ。
ってか釣り人全般?(w

そして、二番目のは、プロショップ“ナイル”の店長さんが
オリジナルで作ったというもの。

大きな違いはワイヤーの径。

メリーGが1.0mmのスタンダードなワイヤーなのに対し、
店長さんのは0.8mmの細軸ワイヤー。

バイブレーションの向上を狙ったそうな。

ちなみに本家の版権を、1億円とかで買い取ったと言う
MANN'Sの本家Aリグは1.0mmワイヤー。

なんかすげービジネスになってますね(w


他の違いはこんな感じ。

≪ヘッド部分≫↓
s-PC250323.jpg

店長さん曰く、“見た目は悪いですけど”って。

完全に電工部品で出来ていますけどね(w

とりあえず耐久性は重視したとのこと。

ラインが絡んだ時に傷付かないよう、熱収縮チューブで
保護するあたりは配慮されてますね。


≪ワイヤー&スナップ部分≫↓
s-PC250324.jpg

メリーGはさすがブランド品というか、
きれいにワイヤーがロウ付けで処理されてます。

また、メリーGは全部同じ長さなのに対し、
店長さんのはセンターが少し長くなってますね。


いちおー考える使い分けとしては、

少し軽め&小さめのルアーをセットするなら店長さんの。

重めのルアー&動きが大きいルアーはメリーGといった感じ。


果たしてこれが釣果に結びつくんでしょうかね?

まぁ何ごともトライ&エラーってことで。


ちなみにメリーGの気に入ったところをもう一つ。

パッケージに貼ってあったシール。

s-C250327.jpg

だもんで、ナマズン??www

こんな茶目っ気がステキです!

これ、キレイに剥がしてどこかに貼ろうっと♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。